顔が乾燥する原因

MENU

顔が乾燥する原因

顔が乾燥する原因にはいくつかありますが、外的要因として季節が挙げられます。
たとえば冬には湿度が下がり、空気が乾きます。
そして下がった気温は血行にも影響を及ぼします。
ということで、冬はどうしても乾燥肌になりやすくなり、この場合、顔だけでなく全身の肌に同様のことが生じやすいです。

 

そして、エアコンが普及した現在では、夏でも乾燥対策は必要です。
外が高温多湿の季節でも、室内は寒くて空気もカラカラ、という状態になるからです。
室内では加湿器、外出中は顔に保湿ミストといったアイテムを利用し、保湿ケアをこまめにすることが大切です。
加えて夏は、肌のターンオーバーを狂わせる紫外線の量も多くなるので、これも肌にダメージをあたえます。乾燥対策の一環として、UV対策も必要ということです。

 

日常生活では、不規則な食事、睡眠不足、喫煙など、生活の乱れも顔の乾燥の原因になります。
肌のターンオーバーを悪化させ、肌をカサつかせる原因につながるのです。
喫煙、無理なダイエットなどはNGで、ストレスも悪影響を及ぼすので、趣味や運動でストレスを発散させることも大切です。

日々の洗顔やスキンケアが原因のことも

顔が乾燥する原因で、よくあるのが、洗顔方法が間違っていることにあります。
洗浄力の高い石けんを使ったり、熱いお湯で洗ったりするのは、必要な皮脂までも洗い流す原因になり、いつしかカサカサ肌になっていきます。

 

洗顔後に、ツッパリ感が残るようなら、肌の健康度は、かなり危険水域にあると言えます。
乾燥肌防止には、ぬるま湯で優しく洗い、回数も1日に2回までが適当です。

 

また、スキンケアのやり方によっても、乾燥に拍車をかける原因になることがあります。
基本は化粧水で肌を潤わしてから、乳液やクリームで肌にフタをすることです。
順番が逆になると、乳液などの油分で、水分の浸透がブロックされ逆効果です。
つける時に、顔をパンパンと叩きつけるのもNGです。

 

さらに、スキンケア用品は、成分に何が入っているのかも重要ポイントです。
着色料、香料、合成界面活性剤、鉱物油など、顔には刺激大です。乾燥肌には逆に、無香料、無添加、パラベンフリーなどの低刺激のものが適しています。

乾燥肌にイチオシの化粧水・クリームは?

乾燥肌は皮膚表面のバリア層が損なわれ、そこからどんどん潤いが蒸発してしまう状態です。
そのケアには、「うるおい成分」だけでなく、いかにしてバリア層をサポートするかも大切
それも含めた、乾燥肌にイチオシの化粧品ランキングページがありますので、参考にしてください。⇒クリック!