顔の乾燥がひどいとどうなる?

MENU

顔の乾燥がひどいとどうなる?

顔がつっぱった感じがするなど、乾燥肌は初期症状からして辛いものがあります。
それを放置していれば、小ジワができやすくなったり、肌がカサカサしてきたりと、次々とひどい状態を引き起こすので、早いうちからケアをするに限ります。

 

大人の女性であればたいがい、化粧水や乳液などで、スキンケアをしているでしょうが、顔の乾燥がひどい間は、スキンケアは休止する、するとしても必要最小限のケアにとどめておくのが無難です。
肌のバリア機能が弱まっている時に、強めのケアをすると、かえってマイナスに働きます。

 

白く粉をふいたようになるなど、超がつくほどのひどい乾燥肌には、ローションパックがオススメです。

顔の乾燥がひどい時には…

一般的なやり方は、水で濡らしたコットンを絞り、そこへ化粧水をしみ込ませてから、それを顔にのせ、約3分間パックするというものです。
パック後は、乳液やクリームでケアをすれば完了になります。

 

通常のローションパックで、いささか物足りなさを感じたならば、パックの前に普通のやり方で、顔に化粧水をつけておくと、パック後の潤い感が違います。
乾燥がひどい時には、コットンは水で濡らさず、全面的に化粧水の水分だけで肌を潤すようにすると、しっとり感が出ることが出るので、トライすると良いでしょう。

 

顔の乾燥ケアは、化粧水をつけた後、クリームや乳液などを使った保湿ケアが基本となります。
それでも一向に完全しなければ、皮膚科を受診するのが賢明です。

 

皮膚科では通常、保湿剤の軟膏やステロイド剤の塗り薬で、乾燥肌を治療していきます。
普段はセルフケアで十分だけれども、肌の状態がひどい時に限定で、皮膚科で治療を受けるのも、賢い利用方法です。

乾燥肌にイチオシの化粧水・クリームは?

乾燥肌は皮膚表面のバリア層が損なわれ、そこからどんどん潤いが蒸発してしまう状態です。
そのケアには、「うるおい成分」だけでなく、いかにしてバリア層をサポートするかも大切
それも含めた、乾燥肌にイチオシの化粧品ランキングページがありますので、参考にしてください。⇒クリック!