顔の乾燥で皮の状態はどうなる?

MENU

顔の乾燥で皮の状態はどうなる?

皮が、顔からボロボロはがれ落ちてくるのは、乾燥肌の症状としては、相当に深刻なものです。
夢中になってむき続けたりすれば、症状がますますひどくなるので、くれぐれも無理は禁物です。

 

顔の皮むけは、ごくかんたんにいえば、皮膚の角質層が、乾燥がひどくなったために、肌にとどまることができないで、ボロッと剥がれ落ちた状態です。
逆に、保湿ケア効果で、角質層が十分に潤ってくれば、いくたの肌トラブルも自然と改善され、大手を振って世間様に顔向けができるというものです。

 

保湿ケアは、化粧水で肌を潤し、その後クリームや乳液で潤い分をキープ、というのが一般的な流れですが、顔が皮むけするほどに悪化していれば、通常のアイテムでは太刀打ちできません。
乾燥状態から抜け出すには、思い切って保湿化粧品に切り替えるのがオススメです。

保湿ケア用品はどんなものが?

ただ、保湿化粧品は実際のところ、肌表面を潤すだけのタイプが大半です。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分で一時的に、肌が潤ったと喜んでいても、数時間して蒸発や流出で乾燥が進み、化けの皮がはがれれば、化粧前のカサカサ肌に逆戻りです。

 

また、化粧品の特定の成分が、肌に刺激になることがあるので、無添加・無香料・パラベンフリーなど、低刺激をうたったものがベターです。

 

最近では、保湿成分のセラミドが評判になり、乾燥肌の人に特に人気が高いようですが、セラミドにも善し悪しがあり、キーワードは「ナノ化」です。
通常、セラミドは粒子が大きいので、顔に塗っても表面が潤った気がして終わりです。
そこで、細分化されたナノセラミド配合がオススメで、皮膚深部まで浸透してくれるので、乾ききった肌を根本から潤わしてくれます。

乾燥肌にイチオシの化粧水・クリームは?

乾燥肌は皮膚表面のバリア層が損なわれ、そこからどんどん潤いが蒸発してしまう状態です。
そのケアには、「うるおい成分」だけでなく、いかにしてバリア層をサポートするかも大切
それも含めた、乾燥肌にイチオシの化粧品ランキングページがありますので、参考にしてください。⇒クリック!