顔の乾燥でかゆみ

MENU

顔が乾燥することでかゆみが発生

温度や湿度などの条件は同じなのに、乾燥肌の人は特に、顔などにかゆみが強く出ることがあります。
乾燥する冬以外でも、当人にとっては訳も分からず、かゆくなるのは辛いものですが、もちろん爪を立ててかくのはNGです。

 

かゆみが出やすくなるのは、乾燥肌のサインの一つです。
したがって、保湿ケアをすることが、根源的な解決方法になりますが、問題なのは、いま現在の時点で、顔などがひどくかゆい時はどうすればよいのか、ということです。

 

突発事態に対応する応急処置は、いくつかありますが、かゆみに対しては、まず冷やすことが先決です。
人間の体は良くできたもので、かゆみは冷やすと(生理学的な説明は差し置いて)軽減されます。
氷のう、なければタオルなどで包んだ保冷剤、より簡便には冷水で濡らして絞ったタオルを、顔などの患部に当てて、症状が治まるまで安静にするのです。

乾燥以外が原因のかゆみは?

また、肌が乾燥状態にあると、かゆくてガサガサの状態になりやすいものです。
顔であれば、スキンケアで使っている保湿剤、体に出ている場合はボディクリームなどをつけて、しばらく様子を見ると良いでしょう。

 

かゆみが腫れている場合、虫さされ、じんましんなどの可能性があります。
応急的に冷やしてかゆみを抑え、市販の塗り薬があれば、それをつけるのも可です。
応急処置をしても改善しない場合は、早めに皮膚科で診てもらうのが賢明です。

 

乾燥とは正反対の症状に、かゆい上に患部がジュクジュクになるものがあります。
これは、水虫その他の細菌感染、アトピー性皮膚炎の悪化などが原因である可能性があります。
液が出るほどであれば、顔を触っていじらずに、すぐさま皮膚科を受診する必要があります。

乾燥肌にイチオシの化粧水・クリームは?

乾燥肌は皮膚表面のバリア層が損なわれ、そこからどんどん潤いが蒸発してしまう状態です。
そのケアには、「うるおい成分」だけでなく、いかにしてバリア層をサポートするかも大切
それも含めた、乾燥肌にイチオシの化粧品ランキングページがありますので、参考にしてください。⇒クリック!