顔の乾燥と化粧水

MENU

化粧水で顔の乾燥が進行する?

ちまたでは、「化粧水をつけると乾燥するので、顔にはつけない方が良い」という「新説」が、ちょっとした話題になっているようです。
その理由として、元々肌は自ら潤う性質を持っているのに、化粧水はせっかくの能力を弱めるというのが、その骨子です。

 

化粧水否定派の主張には、顔に外部から水分を与えても、角質層に吸収される量は微量であり、ほとんど無駄になるというものがあります。
むしろ、化粧水の成分が蒸発する際に、肌に元々あった水分までも蒸発し、かえって乾燥に拍車をかけるとも言います。

 

また否定派は、セラミドなど肌の保湿成分の損失を加速させることも問題視しています。確かに、セラミドは水があると流出しやすくなるので、化粧水をつけて終わりでは、乾燥の原因になるという理屈もとおります。
ポイントは、その後で乳液やクリームでフタをすることで、顔から、セラミドなどの保湿成分の損失を、最小限にとどめる、一連のスキンケア全般になります。

中には、乾燥を防ぎたいがために、化粧水をたっぷりとつけた結果、顔がつっぱった感じになる人もいます。こういったケースでは、スキンケア用品が悪いというよりは、つける量を調節することで、肌の調子が回復することが大半です。

 

ですが、世の中には、つけない方が肌の調子が良いという人も、本当にいるのです。
こういう人は、顔につけると肌の調子が悪くなるという訳ではなく、つける必要がないという、うらやましい肌質の持ち主なのかもしれません。

 

もちろん、実際は、化粧水があった方が、肌の調子が良いという人が大半です。
なにもしないほうが肌がカサカサする、肌の調子がわるい、という人のほうが圧倒的多数派です。
その場合、スキンケア方法を無理に替える必要はなく、従来通りのやり方を続ければよいだけです。
お試し的に、保湿成分が入ったものにトライするのも、乾燥対策の一環としては有意義です。

乾燥肌にイチオシの化粧水・クリームは?

乾燥肌は皮膚表面のバリア層が損なわれ、そこからどんどん潤いが蒸発してしまう状態です。
そのケアには、「うるおい成分」だけでなく、いかにしてバリア層をサポートするかも大切
それも含めた、乾燥肌にイチオシの化粧品ランキングページがありますので、参考にしてください。⇒クリック!